ミシン初心者の失敗しない選び方とは

スポンサードリンク

ミシン初心者の失敗しない選び方とは

ミシン選びには作るものや使用頻度が重要

ミシン初心者がミシンを購入する際、どんなミシンを選べばよいか悩んでしまうものです。ミシンといっても機能や種類なども豊富で、価格帯にも幅があります。ミシン初心者にとって使いやすいミシンに出会えるよう、ミシンの選び方のポイントを押さえておきましょう。まずミシンを選ぶ際は、まずどんなものを作りたいか、どの位の頻度で使うかをイメージしてみましょう。作る物や使用頻度によって、ミシンのグレードや必要な機能も異なります。

 

家庭用ミシンが一般的ですが、糸の調子や縫い目などがコンピューターで制御されていて、ボタンを押せば色々な操作が可能なのがコンピューターミシンです。刺繍などを含め、色々な縫い方を試したい方におすすめです。縫い目の調整などを本体に備わっているダイヤルで調節し、針の動きが電子基盤で制御されているのが電子ミシンです。

 

スポンサードリンク

 

また、以前からある電動ミシンは、足元にあるフットコントローラーで針の動かします。コンピューターなどの制御を受けず、直接電源からモーターに電気を送ることで動かすミシンです。一方で縫製工場などで使われている工業ミシンは、直線縫いがよりパワーアップしたタイプで、硬くて分厚い布でもしっかりキレイにしかも高速で直線縫いできて、長期間の使用でも耐えられる構造になっています。ただ、ジグザグ縫いなどのステッチはできないので、ロックミシンが必要となる場合もあります。

 

ミシンの価格にも注目

家庭用ミシンは、無難に大体のものなら縫えて、操作も比較的簡単な方がよい人に向いています。縫う素材も分厚いと言ってもキルティング位で趣味の範囲でミシンを楽しみたい、子供など家族のものを手作りしたいという方に適しています。一方で工業用ミシンは、将来的にはミシンで本格的に洋裁をしたい、大きな作品を作ってみたい方に向いています。更に、デニムや革などの厚手のものや、逆に薄いものなど様々な素材を扱いたい、ロックミシンを別に備えるだけのスぺースもあるという方に適しています。

 

次に価格帯ですが、家庭用ミシンだと1万円位からのものもあります。価格が高くなると、ミシンに使われているプラスティック素材の部分が少なく、ミシンの重量が重くなって安定してきます。更に、価格が高いミシンは内部も金属部品が多く、メンテナンスを行えば長く使えます。またモーターの力も大きくなるので、針の動きも安定して縫い目がズレたり、糸が絡まるなどのトラブルも少ないと言われています。更に、本体を覆うプラスティックが厚みを増すので、ミシンを動かすときの振動や音も小さくなるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

初心者だとあまり高価なミシンを買っても使いこなせない、とり敢えず布が縫えればよいと考えて1万円位の激安ミシンを購入する人も多いでしょう。ある程度のミシン経験者なら、激安ミシンで縫える布地を的確に選んだり、糸の微妙な調子もうまく調整しながら縫えるので使いこなせる人が多いようです。しかし、逆にミシン初心者がミシンの知識や技術が乏しいので、激安ミシンに合った布を選んだり、糸の調子を合わせるのも難しいでしょう。その結果、糸が絡まって上手く縫えなかったり、針が折れてしまうなどのトラブルが起こり、ミシンが早々に故障してしまう事にもなりかねません。思うように糸調整や布送りができずに、作業がなかなか進まないと自分の腕が悪いと思い込み、早い段階でミシンに見切りをつけてしまう事にもなりかねません。

 

やはり機能性のことを考えると、安いミシンを選びたいという方でもできれば5万円位のものを選ぶのがおすすめです。しかし、長く使えるかどうかわからないミシンに5万円も出せないという人もいるかもしれません。そうなると、やっぱり1万円位のミシンで様子を見たいという方も多いでしょう。ただ、安価なミシンは必ずしもダメというわけではありません。購入者のニーズにマッチしていれば、問題ないと言えます。安価なミシンは長期間使うわけではなく、短期間で簡単に縫えればよい、コンパクトで収納しやすいなどメリットもあります。一方で糸調節などがしづらい、縫う速度が遅い、耐久性には劣るなどの問題点も把握した上で選ぶようにしましょう。

 

初心者におすすめのミシン

ミシンといっても、色々な機種がありますが、中でも初心者におすすめなのが、ミシンメーカーとしても有名なブラザーのコンピューターミシン、LS700/LS701です。全自動なので初心者でも扱いやすく、操作をミスしてもエラーで教えてくれます。ボタンの穴かがりなども出来るのでとても便利です。

 

更に、家庭用ミシンメーカーの老舗、ジャノメのコンピューターミシン、JP710MSEも比較的厚めの布でもキレイに直線縫いができて、しかも操作しやすいと人気です。ステッチ模様の種類も多く、洋服づくりにも使えるので将来的に洋裁をやってみたい方にもおすすめです。ミシンを選ぶ時は、正規取扱店で故障の際は修理の手続きなどが明確であり、保証期間が長いお店を選ぶことは忘れないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ミシン初心者の失敗しない選び方とは関連ページ

何の為に使う?
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
普段使う機能で選ぶ
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
初めての選び方
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
ミシンのタイプ
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
初心者が最低限に必要な機能は?
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
糸と針の選び方
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
中古で買う
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
ミシン台について
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
どこで購入するか?@
どこで購入するか?A
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
ハンドミシンについて
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
オークションを活用する
おすすめミシン情報とミシンの選び方をご紹介します。
ジャノメかシンガーかどちらのミシンを選ぶべき?

ミシンの基礎知識 選び方 使い方 その他ミシンについて