シンガーのミシンについて

スポンサードリンク

シンガーのミシンについて記事一覧

シンガーミシンの始まり

シンガーミシンの歴史は古く、1589年にイギリスでウイリアム・リーが編み機を発明した約260年後のアメリカで1850年にアイザック・メリット・シンガーが現在のミシンの基礎となる構造を開発・量産化に成功してその歴史が始まります。開発されたシンガーミシンの1号機は30キロの重量があり、とても重いものでし...

≫続きを読む

シンガーミシンと文明開化

シンガーミシンが日本にもたらされたのは1890年のことでした。1890年と言えば、徳川幕府が倒れ開国して文明開化と言われる欧米から様々な新しいものが日本に入り込んできた時代です。政治的には第1回目の衆議院議員選挙が実施され、同じく第1回目の帝国議会が開会されました。産業の面を見てみると、ルネッサンス...

≫続きを読む

シンガーミシンの発展を支えた二番手

シンガーミシンの創立者アイザック・メリット・シンガーはイギリスで発明されたミシンを自国のアメリカで商業ベースにのせ巧みな戦略で世界中にミシンを普及させました。しかし、この発展の影にはアイザックの片腕と呼ばれ、後の2代目社長となるエドワード・クラークの存在を忘れるわけにはいきません。エドワード・クラー...

≫続きを読む

シンガーミシンのロゴマーク

どんな企業やブランドでもロゴマークを持っています。ロゴマークは企業やブランドの象徴として、とても重要な役割を果たしています。その企業の理念、業種の説明、セールスポイントやターゲット層へのアピールなど様々なメッセージを込めてデザインされています。シンガーミシンのロゴマークと言えば「S」のマーク。赤い「...

≫続きを読む

シンガーミシンが考案したローン支払い方式

現在では大きな買い物の支払いにはローンを組むのが当たり前となっていますが、このローン支払い方式を考案したのがシンガーミシンなのです。1860年代のシンガーミシンの販売価格は約100ドル。今のお金の価値に置き換えると3000ドルで、当時の一般家庭の年収の5/1にあたる相当高価なものでした。社長のアイザ...

≫続きを読む

シンガーミシンのシンガービル

どんな起業家でも一国一城の夢を見て事業を始め、いつかは自分の事務所、さらには自社ビルを持ちたいと願う経営者は多いでしょう。シンガーミシンも5代目社長サー・ダグラス・アレクサンダーの時代、1908年にニューヨークのマンハッタンにシンガーミシンの経営部門として47階建186メートルの世界初の高層ビルを建...

≫続きを読む

シンガーミシンの創設者が残した言葉

「人間の知識など、未知の大海にポツンと浮かぶ小島にすぎぬ。」この言葉はシンガーミシンの創設者、アイザック・メリット・シンガーが残した言葉です。人間が蓄積できる知識はたかが知れています。知識が蓄積できる量で言えばコンピューターの方がはるかに優れているでしょう。人間は自分の知識が矮小なことと知ることから...

≫続きを読む

シンガーミシンのヒットシリーズ

どのメーカーにも定番の売れ筋商品というものがあります。そのメーカーを支える主力商品という意味です。例えば、玩具メーカーの「タカラ」の「リカちゃん人形」のようなものですね。シンガーミシンのヒット商品の1つでモナミシリーズというものがあります。1973年にフランスで開発され、41年後の現在に至るまで幅広...

≫続きを読む

シンガーミシンの広告戦略

商品を売るために最も必要なのが宣伝です。その商品を活かすも殺すも宣伝の方法次第と言っても過言ではありません。乱暴な言い方ですが、多少質が悪くても宣伝次第でなんとかなるものなのです。シンガーミシンが世界中に広まった理由も製品の質の高さだけではありません。斬新なローン支払い方式と共に巧みな広告戦略により...

≫続きを読む

アンティークのシンガーミシン

100年以上の歴史を持つシンガーミシンには、アンティークとしての価値があります。実際にオークションのサイトを調べてみると1870年代のシンガーミシンが取引されています。他にも1900年初頭のミシン黎明期の製品が高値で取引されており、しかも、ほとんどが現役で使用できるコンディションです。使い捨ての時代...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ミシンの基礎知識 選び方 使い方 その他ミシンについて